Business Description 事業内容

 FC-Cubicは産業界の燃料電池システム開発を支える共通基盤的な研究の推進を目的とした技術研究組合です。燃料電池内で起こる様々な現象の解明を目指した評価解析技術の高度化・広範化の研究開発に加えて、アカデミアの英知を産業界へと展開する橋渡し役を担う組織として大学、国研、水素関連企業との密なコミュニケーションを図り、水素社会実現に向けた仲間づくりに注力しております。  2020年より国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が推進する事業「PEFC評価解析プラットフォーム」の受託研究機関として、これまでに培った評価解析技術を活用し、製品実装までを見据えた新規な材料開発やコンセプト創出に貢献しております。
 将来は日本の燃料電池研究開発促進の核として我が国産業の国際競争力向上の一翼を担えるよう精進するとともに、世界各国との研究開発交流のハブとしての役割を果たしながら世界規模での水素社会の実現へと貢献することを目標に邁進してまいります。

Organization 事業概要

  • 組 織 名

    技術研究組合FC-Cubic
    Fuel Cell Cutting-Edge Research Center
    Technology Research Association

  • 設   立

    2010年 4月 2日

  • 理 事 長

    濱村 芳彦 (トヨタ自動車(株) FC事業領域統括部長)

  • 集中拠点

    〒135-0064 東京都江東区青海2-3-26
    産業技術総合研究所 臨海副都心センター本館2階
    TEL 03-3599-2357  FAX 03-3529-2303
    交通アクセス

History 沿革