もっと開かれたFC-Cubicを目指して