公募情報

募集要項(PDFファイル)

技術研究組合FC-Cubic 燃料電池基盤技術研究員(任期制)の公募

関係各大学、研究機関の研究者、産業界の技術者との連携を通じて、固体高分子形燃料電池の最先端の基盤研究(NEDOプロジェクト)を推進していただきます。
ここで得られた成果は、積極的に産業界への展開、および国内外の学会発表・論文執筆をしていただきます。

技術研究組合FC-Cubicの詳細
国内の燃料電池の開発や、商品化を行っている企業と、燃料電池の基盤技術の研究を進めている大学、産業技術総合研究所が参画し、2010年4月に設立、産業技術総合研究所臨海副都心センターを集中拠点として活動を進めています。
また、組合員企業およびプロジェクト関連の大学等の研究機関との交流があります。

[仕事内容(業務内容、担当科目等)]
固体高分子形燃料電池の普及拡大を目的とした基盤技術開発(NEDOプロジェクト)において、
膜電極接合体(MEA)の構造解析技術、性能発現要因解析技術、劣化要因解析技術の開発を行う。

[勤務地住所等]
〒135-0064 東京都江東区青海2-3-26
産業技術総合研究所 臨海副都心センター本館2階
技術研究組合FC-Cubic

【募集人員】
1名

【応募資格】
・博士の学位もしくは同等の業績を有すること。
・燃料電池の普及や水素社会の実現に強く関心を持っていること。
・日本語でコミュニケーションを図ることができ、基礎的な英語力を有すること。
・電気化学の知識を有し、電気化学的手法による電極触媒活性評価の経験を有すること。
・化学工学、移動速度論、反応速度論、分析化学の知識を有し、固体高分子形燃料電池評価の経験を有することが望ましい。

【勤務形態】
常勤職員として採用(任期:平成32年3月31日まで)

【待遇】
職員として採用
(1)給与: 当技術研究組合規程による。 本給、諸手当(職責手当、家族手当、住宅手当、通勤手当、時間外勤務手当)、賞与(年2 回:7月、12月)
(2)勤務時間: 9:30〜18:00
勤務形態:フレックス若しくは裁量労働も可。
(3)休日:日曜日、土曜日、国民の祝日、12月29日から翌年の1月3日までの日。
(4)保険:社会保険は、厚生年金保険法、健康保険法、雇用保険法、介護保険法、労働者災害補償保険法の定めるところによる。

【着任時期】
採用決定後できるだけ早い時期

【公募期間】
平成30年12月末日まで
(適任者が見つかり次第終了)

【応募方法】
・提出書類
履歴書、これまでの職務・研究の概要(A4で2枚以内)
提出方法:業務推進部宛eメールもしくは郵送(下記)。

[選考内容(選考方法、採否の決定)、結果通知方法]
選考方法: 書類選考及び面接試験採用
内定通知: 採用決定次第速やかに通知する

[連絡先(担当者所属、役職、氏名、e-mail、電話番号)]

〒135-0064 東京都江東区青海2-3-26
    技術研究組合FC-Cubic
     業務推進部 部長 青木亮
      E-mail: contact@fc-cubic.or.jp
      TEL: 03-3599-2357

※郵送された書類は、返却いたしません
※提出された書類は、本応募の選考以外には一切使用いたしません